前へ
次へ

労働相談は事業主からも可能

労働相談と言えば従業員が雇用条件や職場での待遇に困った時に利用するイメージがありますが、実際には事業主の方が利用することも可能です。
事業主は会社経営において、慣れないうちは色々とわからないことも出てくるため、気軽に労働相談を活用していくと良いでしょう。
どのような事柄を相談できるのかについては、割と多岐にわたっています。
雇用の際にはどのような労働条件にすべきかを質問したり、高校生などを雇い入れる時のチェックポイントなどについても相談できるはずです。
他にも労災関係についてなども、労働相談として対応が期待できます。
これらの事情は弁護士に相談しても良いのですが、行政サービスで間に合う時には、費用的にも労働相談を活用した方が有利でしょう。
経営に関しては法律による規定があり、違反すると事業に大きな影響が生じかねませんので、安易な自己判断は避けることが大切です。
まずは気軽に行政の窓口に、声をかけてみましょう。

Page Top